TOP > 千年の会

『千年の会』ってなあに。

現在、私たちをとりまく環境は、地球温暖化等の加速により世界的な自然環境の問題として深刻化しています。
驚異的な自然災害と破壊的な人的災害によって、多くの人々の生命と生活環境が奪われ、度重なる自然災害が全国各地で起きている今、
自然をもっと知り、自然生態系の維持や自然との共生を考えることが人間にとっていかに重要な課題であるかを再認識しなければいけない時代が来たのだと思います。
私たちの郷土を振り返れば、樹齢何千年とも言われる樹木があります。その昔から里地里山で人間の営みを見つめ、大きな恵みを与え、その土地のシンボルとして支え一緒に生き続けてきた数多くの古木・名木たち。またそれを取り巻く里地里山の環境を畏敬の念を持って保護保存していくことが、環境問題を真摯にとらえ自然環境保全の継続行動に繋がるものと考えます。
昔から身近な存在であった樹木たち(自然)ともう一度向き合い、眺め・触れ・感じ・時には遊び・考え・助け合い、日本の良さ・地域の良さを再確認し、その輪を広げていきたいと考えます。次の世代にも古木・名木を残し語り継ぐために・・・。環境問題が大きく取り上げられる今、私たちが発起人となり古木・名木を抱える全国の皆様と自然環境を共有し考え、よりよい町づくりのために行動する場として「千年の会」を設立致しました。
「千年の会」は全国の樹齢1000年を超える木々たち、また1000年を目指す木々たちを会員としています。(会長/鹿児島県 屋久島縄文杉・副会長/山梨県山高神代桜等)。
その全国各地の会員の木々たちを筆頭とし、地域を超えたネットワークを築き、地域の発展・活性化に結び付く地域づくりを目指しています。


CK002_L.jpg

樹齢1000年を超える木々たちとともに。

私たちは、昔から身近な存在であった樹木たち(自然)と、もう一度向き合い、眺め・触れ・感じ、時には遊び・考え・助け合い、日本の良さ・地域の良さを再確認し、その輪を広げて行きたいと考えます。次の世代にも古木・名木を残し語り継ぐために…。
 環境問題が大きく取り上げられる今、私たちが発起人となり古木・名木を抱える全国の皆様と自然環境問題を共有し考え、よりよい町づくりのために行動する場として「千年の会」が設立されました。

千年の会 発起人

私たちの、次の世代の皆様にも名木を残し語り継ぐために、古木・名木を抱える全国の皆様と自然環境問題を共有し考え行動する場として「千年の会」を設立いたしました。本会は古木・名木を会長とし、その所在する自治体等の代表を代理人といたします。

01鹿児島県屋久島町[屋久島縄文杉].jpg

会長
屋久島縄文杉

 代理人:荒木 耕治
(鹿児島県屋久島町長)
★屋久島町役場

02山梨県北杜市[山高神代桜].jpg

副会長
山高神代桜

 代理人:白倉 政司
(山梨県北杜市長)
★北杜市観光協会

03福島県三春町[三春滝桜].JPG

副会長
三春滝桜

 代理人:鈴木 義孝
(福島県三春町長)
★三春町役場